healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
ブヨブヨ腹は中性脂肪でできている



見出し 必要以上に食べた分は中性脂肪に変身する

余ったエネルギーが脂肪になる小学校の理科の時間に習ったこと、皆さん覚えているだろうか。
「人間の体に吸収された炭水化物や脂肪は、人間がいろいろな活動をするときのエネルギー源となります。そして、余ったエネルギー源は脂肪として体内に貯えられます」
中性脂肪とは、この『脂肪』のことなのだ。つまり、日々余分にとってしまった炭水化物や糖分、脂肪分は中性脂肪になって、どんどん体にためられているのである。
見出し 生き延びていくために不可欠な中性脂肪

中性脂肪には以下のような役割がある。人間が生きていくためにとっても大切な働きだ。・・・というか「働きだった」、というべきか。
人類の進化の過程においては、飢餓や寒さに耐え忍んだりしなくちゃならないシーンが多かった。余分なエネルギーを貯めこむという働きは、そういった時代を生き抜くためのシステムだったのだ。
1.食物が足りないときのエネルギー源
人体の活動に必要なエネルギー源が、食事などを通して供給されないときのエネルギーとなる。エネルギー不足になると、中性脂肪は遊離脂肪酸という物質に分解されて血液中に放出され、全身に運ばれて体内各部分の細胞が正常に活動するためのエネルギー源になる。
2.体温を保つ機能
アザラシとかオットセイとかは、体の分厚い皮の下に皮下脂肪をいっぱい貯えている。その脂肪のおかげで、冷た〜い氷の海でも体温を保っていられるのだ。人間の中性脂肪にも同じような働きがあるのだ。人間は服を着るから大丈夫、ということはない。体内の中性脂肪の量が極端に減れば、体温の調節などに障害が出るのである。
3.外からの衝撃を吸収する
多少何かにぶつかっても、「痛い」だけで済むのは中性脂肪のおかげなのだ。内臓など体内の重要な器官を衝撃から守る働きもしているのである。


見出し たまり過ぎの中性脂肪は命を縮める火薬庫だ


肥満は生活習慣病を引き起こす

人間が生きていくのに必要不可欠な中性脂肪。しかし、飽食&運動不足の時代、多くの人にとって、たまりすぎた中性脂肪は命を縮める火薬庫になりかねない。「中性脂肪のたまり過ぎ=肥満」は、右のような生活習慣病の原因になるだ。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。