healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
口のニオイを予防する その2


見出し ニオイを防ぐための対策

口臭の2大発生源は「歯垢」と「舌苔」。口の中を清潔にしてこれらを取り除くことが大切だ。また唾液には口の中の洗浄作用があり、分泌が減ると口臭が発生することも知っておこう。
1. よく噛んで食べる
唾液の分泌が増えて口の中が清潔になるほか、食べ物の消化を助けて胃の中のもどり臭を防止。
2. 「食べたら歯磨き」を徹底!
食べカスは食後20分もすると腐敗が始まる。食後すぐの歯磨きを習慣づけて口の中はいつも清潔に。デンタルフロスや歯間ブラシも効果的。外出先や忙しい時などは、口をすすぐだけで口臭を防げる洗口液が便利だ。
3. 舌苔(ぜったい)をとる
舌苔は腐った卵のようなニオイを発する。1日1回、タオルやガーゼ、歯ブラシなどを使ってぬぐいとろう。使い捨ての舌苔取りシートも市販されている。
4. 食後に梅干やレモンを
クエン酸が食べカスの腐敗発酵にストップをかけてくれる。梅干にお湯を注いで口にふくむようして飲む、レモンのスライスを口にふくむなど。
5. 食後に一杯の緑茶
カテキンという抗菌作用のある成分が細菌の増殖を抑え、虫歯や歯周病を防ぐ、また消臭効果のあるフラボノイドが口臭をダイレクトに防止する。
6. ニンニク料理の後には牛乳
体内にとりこまれたニオイのもととなる成分が腸で吸収されて血液に混じり、やがて肺から呼気として出されるため、いくら歯磨きしても口臭は防ぎきれない。これを防ぐには、ニオイのもととなる成分が吸収される前に、消臭効果のある食べ物(牛乳、レモン、梅干、緑茶など)でニオイを消すことが大切。牛乳のたんぱく質は胃の中でニンニクの臭いのもとアリシンを包み込んでくれる。
7. おしゃべりする
口臭が気になるときはしゃべりたくないかもしれないが、それでは逆効果。しゃべることで唾液の分泌が盛んになり、自浄作用が働く。
8. いつもリラックス
緊張が強かったり疲労が続くと、唾液の分泌が悪くなる。ストレスはためずにうまく発散させよう。
9. タバコは×
ニコチンやタールが呼気に含まれるし、胃が荒れることで口臭の原因に。喫煙習慣と歯周病の相関も統計的に確認されている。
10. チューインガムは口臭予防の妙薬!
歯垢を取り除いて口の中を清掃する、唾液の分泌を促す、歯肉の血液循環がよくなる、リラックスできるなど、口臭予防のためにはいいことづくめ。葉緑素(クロロフィル)やフラボノイド入りのものがおすすめ。
11. 胃腸の調子に注意
消化が悪いと口臭の原因になる。飲みすぎ、食べ過ぎ、ストレスに気をつけ、規則正しい生活を送ろう。かんで飲むグリーンミント味の消化胃腸薬など、胃腸薬も変わってきている。
12. キャンディ、マウススプレーなどを上手に活用
バッグにひとつ常備しておくと、人と会う前などにサッと使えて便利。 このほか、「注目したい消臭食品&グッズ」も参考にしてほしい。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。