healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
口のニオイを予防する その1


きれいな乾いたコップの中に息を吐き出し、手でふたをした後、新鮮な空気を吸ってからそのコップのニオイをかいでみよう。
多少の臭いがあってもひどくなければ気にする必要はないが、悪臭がするときは原因を突き止めて対処を。何か病気のサインの可能性だってあるのだ。


見出し 口臭の原因の大半は「口の中の汚れ」

口臭はこんなとき強くなる
朝起きたとき
食べカスが口の中に残っているとき
空腹のとき
緊張やストレスを強く感じたとき
臭いの強い食べ物を食べたあと
生理中・妊娠中

朝起きたときの口臭は強いものだ。眠っているときは唾液の分泌が少なくなり、細菌が繁殖して食べカスの分解や発酵がすすむためだ。
また空腹時にも唾液の分泌が減少したり、胃の中で胃液のバランスがくずれたりして口臭が発生しやすくなる。
これらは生理的口臭といって誰にでもあるものなので心配無用。歯磨きして口の中をきれいにすれば、口臭はかなり防げる。


見出し 胃腸などにトラブルがあると口臭は強くなる

問題なのは、病気が原因の口臭だ。

例えば虫歯や歯槽膿漏、歯肉炎、口内炎など。つねに歯や歯肉から血や膿が出ているときは強烈な口臭の元になるし、虫歯の穴につまった食べカスは腐敗してニオイを出す。
胃腸の具合が悪い時にも口臭は強くなる。消化不良によって食べたものが発酵し、その臭い物質が腸から吸収され、それが血液をめぐって肺から悪臭として排泄されて口臭になるのだ。また胃腸などにトラブルがあると、舌の表面に苔のようなもの(舌苔)が付着し、これがニオイのもととなることもある。

このほか、肝硬変など肝臓の病気、肺がんなど肺の病気、糖尿病、さらには喉や鼻の病気などが原因となって口臭が発生することもある。
きちんと歯磨きをしている中高年の人で、口臭がキツイといわれる人は、こうした病気が進んでいる可能性もあるので気をつけたい。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。