healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
汗っかきの人のための知って得する情報


汗を減らす方法、食べ物と汗のカンケイなど、「汗」にまつわるネタを集めてみた。これからの季節、汗っかきで悩むあなたにとって、どれか1つでも参考になればうれしい。


その1 肉を食べると汗をかきやすい

口から入った食物は、消化管で消化吸収され、肝臓でエネルギーに変えられる。その際、熱が発生するが、たんぱく質の場合、糖質などに比べて約5倍も多くの熱を産生する。つまり、たんぱく質の多い肉類をたくさん食べると体温が上がり、そのため汗も出やすいのだ。汗を減らしたい人は、肉を食べ過ぎないようにしよう。 肉は汗になる


その2 辛いものを食べると汗が出る

発汗には、暑い時や運動した時に体温調節のために体全体で汗をかく温熱性発汗、緊張したり驚いた時に汗が出る精神性発汗(冷や汗)のほか、酸味や辛味などの味覚刺激によって額や鼻や唇のところに汗をかく味覚性発汗がある。辛いものを食べると顔に汗をかくのには、こんなちゃんとした理由があるのだ。


その3 飲む水の量を減らしても汗は減らない

通常の健康状態で大量の水を飲んでも、それは汗よりも尿として排泄されることになり、生理的な汗はそれほど増えないはず。
しかし、水ではなく、ミネラルや塩分を多く含むスポーツ飲料などを多量に飲むと、血液中の塩分濃度が高くなってむしろ汗が減ることがあるという。
なお、精神性発汗の場合は水の量をいくら減らそうと汗は減らない。


その4 顔にどっと汗が噴き出したときの対処法

皮膚圧、発汗反射の原理とっさに汗を抑えたい時の、一時的な対処法だ。
人前に出た時などに、顔にどっと汗が噴き出して困った、という経験はないだろうか?そんなときは、両手の指で同時に、両側の乳房の上あたりの皮膚を強く痛いほどつねってみよう。その部分から頭までの発汗が一時的に減少するはずだ。
これは「皮膚圧反射」によるもの。
人間の体は、一部分が圧迫されると、その部分は、汗が蒸発しにくくなるため、発汗量が減少する。その際、体全体としての発汗量を一定に保とうという機能が働き、その分、他の場所で多く汗をかくようになる。これによって、汗をかきたくない場所の汗を抑え、その分、別の場所で発汗するという、汗のコントロールが可能になるのだ。


その5 汗のニオイがとれる入浴法いろいろ

緑茶風呂
大きめのお茶バック(薬局などで買える)に、茶葉をカレースプーン2杯分(20〜30g)入れ、口をホッチキスで止め、湯船に入れて風呂をたてる。安い緑茶で十分だが、出がらしではなく新しいものを。

酢風呂
天然醸造酢や黒酢を入れる入浴法。クエン酸や酢酸の働きによって体内の燃焼力を高めると同時に、その酸性によって雑菌の増殖を防いでニオイをおさえる。ユズ風呂もこの一種。


笹風呂
西日本で今でも残る入浴法。笹の中にたくさん含まれている葉緑素や多糖類などの作用で汗のニオイがとれると考えられている。


マコモ風呂
マコモとは川や沼に群生するイネ科の植物。マコモを加工して、微生物を含んだ粉末にしたものが市販されている。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。