healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
その薬の正体は?


見出し 治すのは自分自身
薬 花粉症とは、一生をかけて付き合っていかなくてはならない病気。だからこそ、医者からもらった薬を、ただ受け身的に飲むのではなく、それがどんな理由で花粉症に効くのか、知識を深めていこう!自分が今、飲んでいる薬・これから飲む薬が、免疫システムのどこに、どのように働きかけて、この憎きくしゃみ、鼻水、鼻づまりが止まるのだろうか?

見出し 西洋薬が効くワケ

下にあげた西洋薬では主に、現われる症状を抑える事を目的とした「対症療法」としての働きがある。花粉症というアレルギーそのものに働くのではなく、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状が起きるシステムのどこかをジャマする事によって、それらを止めるのだ。
「薬が効くワケ」への理解のため、アレルギーの起きるシステムについて、先に学んでおくとGOOD!

抗アレルギー薬 内服薬では全身に効果
肥満細胞の中でヒスタミンが作られるのを阻害。ヒスタミンが出来てしまったとしても、それが肥満細胞から遊離するのをジャマする。それでも出てきた場合、抗ヒスタミン薬同様に、ヒスタミンが末梢神経に近づくのを阻害する。
予防薬的な効果のものなので、花粉症の始まる最低4〜6週間前から内服する必要がある。長期間服用すると胃腸・肝障害などが起こる事もある。

漢方薬
抗ヒスタミン薬 くしゃみ、鼻水、かゆみ
肥満細胞から出たヒスタミンが末梢神経に到達して、初めてくしゃみ、鼻水が出る。そこで抗ヒスタミン薬はヒスタミンに先回りして末梢神経に密着し、ヒスタミンが近づくのをジャマして、くしゃみ、鼻水が出ないようにする。
速効性はあるが、鼻づまりと重度の症状にはあまり効果が期待できない。副作用として眠気、口の乾き、胃腸の具合が悪くなるなどがある。

ステロイドホルモン薬の噴霧・点眼 くしゃみ、鼻水、鼻づまり
免疫機能そのものを抑制するので、激しい花粉症でも劇的に症状が抑えられる。使い始めて3日以内に効果が現われる。しかし使用の間、鼻水や涙で外に出されていた他のアレルギー物質もカラダにフリーパスで侵入する。
ステロイド剤で抑える事ばかりしていれば、他のアレルギーも併発する可能性がある。

点鼻薬 鼻づまり
血管収縮剤とも呼ばれ、鼻粘膜のうっ血や充血を改善し、鼻づまりに効果的。しかし、急性鼻炎などの比較的短期で治る鼻炎向きのもの。
気軽に薬局で買える事から、医者にも行かずこれを使う人がいるが、慢性で長期の花粉症の人が、1か月以上連続して使い続けると効果が悪くなり、かえって鼻づまりがひどくなってしまう!この状態を薬物性鼻炎(点鼻薬性鼻炎)といい、そこから治るには大変な苦労が必要となる。

 

見出し 漢方薬がめざすもの

現われた症状に対するのが西洋薬であるならば、東洋の漢方薬がめざすのは、病気の原因(花粉アレルギー)に対する「原因療法」である。
花粉症の人の体質を変えていくために、1年を通しての服用で、じっくり治していく事もある。これも必ず、信頼できる専門医にキチンと診断を受けてから行う。
西洋薬と併用する場合は、西洋薬を局所的なものだけにするなど、服用がかぶらないように気をつけたい。

漢方薬
小青竜湯(しょうせいりゅうとう)
カラダを温め、発汗を促し、咳を止め、痛みを和らげる。
鼻水、くしゃみ、鼻炎などの症状に効く。重くて長い花粉症に。半年にわたる、長期の服用が必要な場合もあり。
主に20〜30代の、体力が充実し、栄養も充分なタイプの人向き。

葛根湯加川きゅう辛夷(かっこんとうかせいきゅうしんい)
鼻づまりで眠れない時に効果的。首から肩にかけて筋肉のコリがあり、鼻水に多少粘りがあるような症状で、やや体力のある人向き。

麻黄附子細辛湯 (まおうぶしさいしんとう)
主に中高年の、やせ型で血色もすぐれず、寒気を感じる、体力の弱っている人向き。 麻黄による覚醒作用があるので眠くならない。

 

見出し その他の薬 精神安定剤
アレルギーの病気では私達が考える以上に精神的なストレスが関係している。したがって、精神安定剤の服用やカウンセリングによって症状が良くなる事もある。
ストレスが重度の場合、心身症専門の医師に診察を受ける事も考えてみては?

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。