healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
食生活の工夫で環境ホルモンは排出できる

 

野菜などに残留している農薬や、コンビニ弁当の容器など、私達の周りには環境ホルモンを含む物質がいっぱい。気をつけていても知らず知らずに口に入っている可能性が高い。しかし、食生活を工夫することによって、これらの害を少なくすることもできるのだ。

 

見出し 食物繊維を多くとる

 

食物繊維を含む食品は、大腸ガンや動脈硬化の予防につながると言われているが、最近、ダイオキシンなどを体外に排出する働きもあると注目を浴びている。
体内に蓄積されているダイオキシン類は、少量ずつだが肝臓で代謝されて腸に排出されている。しかし再び、小腸から吸収されて体内に戻っていってしまうという繰り返しが行われているのだ。
ところが、小腸で食物繊維と出会うと、ダイオキシンは食物繊維に吸着され、便として体外に排出されるというのである。食物繊維の多い食品は下表の通り。
ただし、野菜などには残留農薬やダイオキシンそのものが付着している可能性がある。よく洗って皮をむき、念を入れるならさっと下ゆでするなど、下ごしらえにも工夫が必要だ。
また、多種類の食品を上手く組み合わせてとるようにするとよいだろう。



ダイオキシンをよく吸着する食物繊維(数値は吸着率)

米ぬか繊維 86.6% はくさい繊維 51.6%
そば繊維 71.9% 大豆繊維 49.1%
ほうれん草繊維 71.6% 大麦繊維 47.8%
大根の葉繊維 70.2% 大根の根繊維 44.8%
ごぼう繊維 53.8% コーン繊維 42.2%
キャベツ繊維 52.5% にんじん繊維 38.7%

 

見出し 緑黄色野菜などを多くとる

 

日本の食卓 体内には、口から入った食品添加物などの化学物質を「解毒・排出」する働きがある。その働きを助ける重要な栄養素がビタミンミネラルだ。これらが多く含まれている食品は、穀物や緑黄色野菜、海草類、種実、豆類。
特に緑黄色野菜や海草類などに含まれる葉緑素は、それ自体に体内の掃除をする効果(スカベンジャー効果)があり、ダイオキシンなどの有害物質を体内から排出する効果は、食物繊維より強いと言われている。
ビタミンや葉緑素というと、ビタミン剤や葉緑素入りの錠剤などに頼ってしまいがちだが、1種類だけを過剰に取りすぎる可能性が高くお勧めできない。
ごぼうやにんじんなど根菜類の煮物に、ほうれん草のおひたし、豆腐とワカメのみそ汁に納豆ご飯…。結局は、日本の伝統的な食生活が環境ホルモンからも身を守ってくれるのである。

 

見出し レンジでチンは要注意

 

忙しい主婦の強い味方として不動の地位を占めるようになった電子レンジ。環境ホルモンを心配するならば、電子レンジに頼った生活自体の見直しも必要だ。
といっても、電子レンジ自体に問題があるのではない。調理する際の容器やふた代わりとして活用されてきたラップなどが危ないと言われているのだ。ラップについては、塩化ビニールのものは環境ホルモンのアジビン酸エステルが溶け出す恐れが指摘されている。また、焼却されるときにダイオキシンを排出する点でも問題アリの製品だ。その点、ポリエチレン、ポリオフィレンのものは安全と言われているが、環境ホルモンのノニフェノールが添加物として含まれる商品もあるという。
容器について要注意は「ポリスチレン・塩化ビニル・ポリカーボネート」製のプラスチック容器。ポリエチレン、ポリプロピレンは大丈夫だと言われている。とはいえ、同じような名前のプラスチック容器で心配しながら使うのは面倒。
電子レンジで調理するときは、耐熱性のガラス容器(蓋つき)や陶製容器(絵のないもののほうが良い)を使うようにしたほうが無難そうだ。

 

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。