healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
ビタミン剤を上手に使おう2

見出し ビタミン剤は飲み過ぎても害はない?

たくさん摂れば摂るほど健康になれる、何となくそんな気がしてくるビタミン。しかし、摂り過ぎは禁物だ。
ビタミンには図のように水溶性のものと脂溶性のものがある。水溶性ビタミンは、体内に入ってから余分なものは数時間で尿などで排泄されてしまうが、脂溶性ビタミンの場合は使いきれなかった分が体内に蓄積され、過剰症という形でさまざまな障害を起こすことになる。ビタミンAは頭痛や肝機能障害、Dは腎臓障害、Kは肝機能障害などだ(ビタミンEだけは過剰症の心配がないといわれている)。
水溶性と脂溶性
ふつうに食事からビタミンを摂る場合は、過剰症の心配はまずないが、ビタミン剤は手軽なだけについ飲み過ぎてしまうこともあり得るので、気をつけよう。

見出し ビタミン剤の効果的な飲み方とは?

1日3回

1. 食後に飲もう
胃腸の消化活動が活発な「食後」に飲んだほうが、ビタミンが吸収されやすい。とくにビタミンA、D、Eといった脂溶性ビタミンは、食事に含まれる脂肪分が吸収を助けてくれるので、必ず食後に飲むようにしたい。
2. まとめて飲むより、1日3回に分けよう
1回の摂取で体が使うビタミンの量は限られているので、それを超える量を摂っても、それ以上の効果は期待できない。したがって、1日1回まとめて飲むよりも、朝・昼・晩と1日3回に小分けしてコンスタントに飲むほうがよいのだ。
3. 飲み合わせに注意
例えばビタミンB1はアルカリに弱いので、重曹(炭酸水素ナトリウム)入りの胃腸薬とは一緒に飲まないようにしたほうがよい(重曹を飲むと血液中のアルカリ度が高くなる)。また腎臓疾患や痛風などの持病を持っている人は、ビタミンCを大量に摂ると病状を悪化させるおそれがあるので、事前に医師に相談すること。

医薬品と健康食品はどう違うのか?
ビタミン剤は、大きくは医薬品扱いのものと食品扱いのものに分けられる。医薬品のほうは、どういう配合ならビタミン剤として認可されるかの厳しい基準があり、成分・量・用法・効能などの表示が義務付けられている。それに対して、いわゆる健康食品(栄養強化食品)の場合は、成分量などの基準が明確でなく、内容表示もまちまちである。
両者ともパッケージは似ているが、医薬品のほうには「医薬品」と明示されているので、見ればすぐわかるだろう。なお、健康食品については、(財)日本健康食品協会の認定マークがついたもの(健康食品業界の自主規制のようなもの)を選ぶのもひとつの目安になるだろう。

みなさんの感想

Loading...

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。