healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
幹事さん必見!楽しくヘルシーな宴会運営術

幹事の指名を受けた方のご苦労は大変なことと思います。そこでここでは、参加者の身体を思いやった宴会運営を提案します。「言うは易し行うは難し」というのは百も承知ですが、是非是非がんばってみて!


一次会は、料理や雰囲気を楽しめる店で

空きっ腹への大酒注入は、酒席の雰囲気を破壊する
お酒を飲むピッチが速く1次会の段階でベロベロ、女の子にからんだり、大声で騒ぎ始めたりという「即席酔っ払い」。皆さんの周りにいないだろうか。傍観者には楽しい存在かもしれないが、幹事にとっては困りモノだ。
こうなる原因のひとつは、「空きっ腹への大酒注入」。空腹の状態に入ったお酒は、胃を素通りして小腸に流れ込み、どんどん吸収されて肝臓に送り込まれて行く。肝臓の処理能力を超えると脳に直接入りこんで、「即席酔っぱらい」ができあがる。

一次会は食事の楽しみを目的に
たとえ問題児がいなくても、「お酒は食べながら、ゆっくり楽しむ」のが基本。酔っ払うほどの酒量でなくても、アルコールが空きっ腹に入るのは危険だし、「食べながら」であれば、アルコールの吸収を押さえることもできる。
そこで提案。一次会の店は、何か特徴のある料理を出す店を選びたい。イタリア料理系でも、土佐のさわち風料理でも、秋田のきりたんぽ鍋でも何でもOK。その上で、出席者にはあらかじめ、「○○料理をお楽しみください」と伝えて、食事に期待感をもたせておくのだ。
居酒屋のコースメニューの場合でも、何か一品、期待をもたせるものをオーダーしておくといいのではないだろうか。

「即席酔っ払い」には、お酒でなく食べ物を勧めよう
「食べるより飲むのが好き」という人には、意識的に食べることを勧めよう。面倒だが、大皿料理を小皿に取り分けてやるといった心づかいが必要だ。


手酌が基本の無礼講

自分のペースで飲むのが一番
「上司や同僚の酒杯が空いたら、ささっとつぐのが気の利くヤツ。」サラリーマン社会の常識だ。しかし、それほど強くもないのに、勧められると断れない人の体調も気遣ってやりたいものだ。お酒は、自分のペースで飲むのが一番なのである。 最初の乾杯はともかく、「後はみなさん、手酌の無礼講で…」といきたいもの。

一気・かけつけ三杯は絶対ダメ
これで命を落としている人が数多いのにもかかわらず、酒席を盛り上げる唯一の方法のように思われている「一気とかけつけ三杯」。飲ませ上手、掛け声上手をいかに押さえるかは、幹事の最大の課題とも言える。
あらかじめ飲ませ上手本人に釘をさすか、上司に相談しておくか、一気が始まったら一言注意してもらうよう、お店の人に頼んでおくか…。最初の提案と重なるが、一気ができる雰囲気ではない店を選ぶのも一手だろう。


二次会過ぎたら、そろそろ「泥酔者チェック」

二次会はカラオケなど、お酒に集中しない店を選ぶ
お酒は、楽しい雰囲気で少しずつゆっくり飲むのが基本。だから、2次会も飲みに集中しないカラオケなどの店を選ぶのがベター。ウイスキーをボトルで頼む場合、最初は水割りを作って回してしまうのが一番だ。

「泥酔者」は責任持って送り届ける
ここまで、幹事が気を使っても、必ず出現する「泥酔者」。以下のような人は、急性アルコール中毒の一歩手前。責任を持って家まで送り届けよう。

泥酔者のチェックポイント※( )の数字は血中アルコール濃度(%)
急性泥酔状態(0.16〜0.30)足元がかなりふらつく、足が立たないなどの歩行障害・記憶障害、怒ったり泣いたりなど、感情が不安定 →これ以上飲まさない。少し落ち着いたら、家まで送り届けよう。
アルコール中毒(0.41〜0.50)吐き気・嘔吐・著しい運動失調 →吐いた後、ぐったりしているようなら即病院へ。このまま、麻酔されたような昏睡状態に陥り、最後には呼吸停止してしまう恐れがある。


幹事の仕事は12時前まで

いくらゆっくり飲んでも、長時間飲めばその分酒量は多くなる。また、飲み終わる時間が遅ければ、肝臓でのアルコールの分解が終了する時間も遅くなり、次の日への持ち越し、二日酔いを招くことになってしまう。 幹事が主催する飲み会タイムは遅くとも12時までと決めておこう。後は、個人の責任でやってもらうのが無難である。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。