healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
鍋はヒーリング・フード

鍋ぬくもりが癒す

鍋の最大の特徴は何と言っても「温かい」こと。
人間にとって温かい食べ物は、カラダにもココロにも、とても重要なのだ。医食同源が当り前の香港では、日本より気温が高いにも関わらず、デザートさえも温かく、冷たいものはあまり口にしない。
内側からカラダを冷やさない「温かさ」そのものも、私たちにとって良い「医」の効果がある。

ココロのヒーリング
ハート なぜか鍋を囲むと「次、あれ入れて」「コレあげる」と話題が無くても話が続く。
鍋はみんなで調理しながら食べるものだからである。
よほど厳しい鍋奉行がいない限り「笑い」も起こる。
「笑いは内側からのジョギング」と言われるほど、カラダを健康にし、ストレスを解消してくれる。
ワイワイ笑いながら食事のできる鍋は、最高のヒーリング・フードと言える。
カラダのヒーリング
鍋は冬を乗り切る最強の料理方法である。
野菜は煮込む事によって食物繊維が柔らかくなり、生よりも多く食べる事ができる。ミネラル・ビタミン・ペクチンなども大量に摂取できる。スープに溶け出し、混ざりあい吸収しやすくなっているので、是非スープを味わいたい。
ペクチンには胃の調子を整えるはたらきがあるので、胃腸薬を一緒に飲んでいるも同然。魚はアラ、肉は骨つきで煮込むと、普段は摂取しにくい、それらに含まれる良質のゼラチン質・コラーゲンが摂れ、美肌効果&カラダが温まる。
「温かい」鍋はカラダにいい事づくめである。

鍋野菜の具・ココが利く!

海の野菜も捨てがたい ! 海藻類
カルシウム・ビタミン・鉄分・リン・ヨードなどが含まれる。海の野菜「海藻」は、陸の野菜に劣らず、あるいはそれ以上に栄養豊富、しかも低カロリー。海藻のぬるぬるはアルギン酸で整腸作用のほか、コレステロール・脂肪の蓄積を防ぐ。
 
緑の葉は捨てるな ! ねぎ
ねぎ 白い部分には硫化アリルが含まれ、消化吸収を助ける。ほかに殺菌作用、食欲増進、血行を良くする、風邪・頭痛・下痢にも効果ありの万能野菜!関東では捨ててしまう事の多い緑の葉にもビタミンA・C、カルシウムが含まれるので、ちゃんと食べよう!
 
皮をむいちゃイヤ 大根
消化酵素が含まれ、胃腸を丈夫にしてくれる。皮の近くは、ビタミンCが特に豊富。しかし、むいて水にさらすと大量に壊れてしまうので、むかずに食べよう!皮つきのまま大根おろしにし、薬味や雪鍋として使うのもおススメ。
 
フレッシュ! にしてくれる レタス
レタス 若さを保つビタミンEを含め、各種ビタミンが豊富!ビタミンEはビタミンAの吸収を助け、血液循環を良くし、体内の脂肪が酸化するのを防ぎ、それによって肌のシミを予防。ビタミンEは熱に強いので、鍋物にもオッケー!味も意外にオツで、サラダよりたくさん食べられる。
 
鍋のためにある野菜 ! 春菊
春菊にはカロチンが豊富に含まれている。カロチンは体内でビタミンAに変化し、皮膚・のど・消化管などの粘膜を強くするはたらきがあるのだ。さらにビタミンB2・C・鉄分なども含まれており、栄養価でも主役級!鍋にすれば量もたくさん食べられるのでオススメだ。
 
がん予防に キノコ類
ミネラル、ビタミンDなどを含む。ビタミンDはカルシウムの吸収を促し、骨が丈夫に!しいたけのビタミンDは天日に干すと10〜20倍に増えるので干ししいたけの方が良いが、生のしいたけでも食べた後、日光浴をすると効果がある。キノコは近年、ガン予防にも効果があると言われている。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。