healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

危険!?子どもと親を襲う生活習慣病


1997年の11月、厚生労働省は1〜5歳の幼児向けの「肥満とやせの判定表」を作成した。この背景には、小学生の肥満、高コレステロールが増え、生活習慣病で死亡する中・高生も出てきていることがあげられる。生活習慣病の低年齢化はここまで進んでいるのだ。子どもが歩き始めたころから、予防対策をとることが必要な時代になったのである。

薬あなたの子ども、肥満の心配は?
 
グラフまずは、グラフをご覧いただきたい。これは、厚生労働省が作成した「1〜5歳の肥満とやせの判定表」。
子どものいる方は、チェックしてみて欲しい。
ただし、1〜5歳は個人差が大きく成長も早いので、ここで「肥満」と出ただけで心配することはない。
「うちの子ちょっと太りすぎかな」と思ったら、毎月1回身長と体重をはかってグラフに記入。半年ぐらい様子を見て、体重が身長の伸びより急激に増えているようなら、肥満の可能性が高いので、具体的な対処法を考えたほうがいいだろう。
ただし、肥満に結びつくような生活は、早急に改善が必要。

「生活習慣病危険度チェック」で確かめてみよう。

薬糖尿病、動脈硬化などが心配される子どもたち

子どもの症例が報告されている生活習慣病として、糖尿病と動脈硬化がある。
簡単にいうと、糖分の摂りすぎと脂肪分の摂りすぎで起こる病気である。
血液中のコレステロール値という言葉は、健康診断などで皆さんおなじみかと思うが、小学生で高コレステロールだった子どもは11%ぐらいいるという報告もされている。
だからといって、今すぐ病気になったり死んだりするわけではないが、20代、30代で発病してしまう可能性が高いのだ。
一生懸命育てた子どもが、これからというときに、大病を患ったり、最悪亡くなってしまう危険性があるのである。

お母さんが栄養バランスを考えた食事を作ってもお菓子を袋ごと与えたり…(スナック菓子の脂肪分、塩分は摂りすぎると危険。でも、子どもにはその調節ができない)子どもの要求に負けて、ジュースなどを与えているようなら(ジュース2杯ぐらいで、1日に必要な砂糖の量を軽く超えてしまうことがある)生活習慣病は防げない。

薬生活習慣病の恐怖が現実になる親世代

平成9年の統計では、生活習慣病が原因で死亡された方が、全体の63.8%もいるとされている。

ベスト3は、がん(30.1%)心臓病(15.3%)脳卒中(15.2%)だ。
そして、これらの病気に侵される危険性がもっとも高いのが50歳代〜60歳代なのだ。

つまり、我々の親世代では、それぞれかかる危険性が高い病気に合った、より具体的な予防対策が必要になるのである。
また、自分のからだの異常を早期に発見して、医師に相談することも必要だ。
生活習慣病にかかってしまうと、本人のみならず周りの人の苦労も並みではない。

ご両親が健康なときから、まめに顔を見せたり電話や手紙で連絡をとるなどして、生活の様子を気にかけていくことが、お互いのためになるのである。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。