healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

知っておきたいクスリの基本と最新事情

テレビで放映されている薬のCMには「使用上の注意をよくお読み下さい」のアナウンスがつきものである。ここ最近、胃腸薬などでこのアナウンスをやたらと強調したCMが目につく。
これには、最近の市販薬事情にからんだ、ちゃんとした意味があるのだ。
薬剤

薬街の薬局でも“強いクスリ”が買えるようになった
 
まずは、医者からもらうクスリと薬局で買うクスリの違いを知っておこう。
医者からもらうのは「医療用医薬品」といい、その人の病状に合ったものを医者の監督・処方のもとで使うので、効果が大きい。そのかわり副作用も強い。

一方、私たちが普通に薬局などで買うクスリは「一般用医薬品」(市販薬、大衆薬)といい、だれでも安心して使えるように、安全性がもっとも重視されている。すなわち効き目は弱い。これらはOTC薬ともいわれる(OTCとは英語でOver The Counterの略で、「店頭販売」ということ)。

ところが最近では、このOTC薬(大衆薬)の中に、医療用医薬品と同じ成分を含んだものが見られるようになった。これをスイッチOTCという(スイッチとは「転用・転換」という意味)。
このスイッチOTC、ふつうの大衆薬よりも効き目が強い分、使い方を間違えるとキケンである。そのため、製薬会社は使い方の注意などを書いた小冊子をつくり、薬局は消費者にきちんと説明することになっている。
わざわざそのへんを強調したCMが最近増えているのも、そのためなのである。

参考資料:許可された主なスイッチOTC


薬えっ! 薬局と薬店って違うの?

「薬局」には薬剤師がいて、市販のクスリを売るほかに、医者の処方箋をもっていくとクスリの調剤もしてくれる。さらに、認可されたその薬局独自のクスリを調剤したり、医療用医薬品を小分け販売することも可能。
「薬店」というのは、それ以外、つまり市販のクスリを売るだけのお店のこと。クスリの調合などはできない。
自分に合ったクスリを間違いなく選ぶには、専門家である薬剤師に何でも相談するとよい。1、2回相談して、ちょっとした世間話も出来るようになれば、もう「かかりつけ」だ。
そうした薬剤師がいる薬局などで買うようにすると安心だろう。

 
粉、カプセル… クスリの形にもいろいろ意味がある
● 内服剤● 外用剤
口から飲むクスリのこと。外用薬に比べて、作用がおだやかで保存性がいい反面、効果が出るまでに時間がかかる、クスリによっては胃腸や肝臓に障害を起こすという欠点もある。 皮膚や粘膜に直接塗ったり貼ったりするクスリ。患部に直接作用するので、効果が早く確実だ。
副作用がおきても発見しやすい。
1. 散剤(粉薬)

散剤吸収が早く、症状や年齢にあわせて分量を調節しやすいのが特徴。ただしにがくて飲みにくく、保存性も悪いので、最近は使われることが減っている。
1. 軟膏剤

軟膏剤皮膚や粘膜に直接塗るもので、油脂剤とクリーム剤がある。基本的に皮膚薬として使われるが、皮膚を通って血管に吸収され全身に作用するものもある。
2. 顆粒剤

顆粒剤散剤の長所を生かしながら、飲みやすく粒状に加工したもの。保存性もよい。腸にいってから溶ける場合もあるので、胃に与える障害が少なく、胃腸薬などによく使われる。
2. 点眼剤

点眼剤目薬のこと。液状のほか、軟膏もある。副作用が起きることもあるので使いすぎは禁物。ほか、点鼻剤や点耳剤もある。
3. 錠剤

錠剤服用する量が正確にわかる、飲みやすい、持ち運びに便利などの特徴がある。保存性もよい。普通に飲む錠剤のほか、舌の下に入れておく舌下錠、飴のようにしゃぶるトローチ錠などがある。
3. 坐剤

坐剤肛門に直接挿入する。痔など肛門の病気に直接作用するものと、直腸から成分を吸収させることで内服剤と同じ効果を持つものがある。胃への副作用がなく、即効性と持続力があるのが特徴。
4. カプセル剤

カプセル剤粉末や液状の薬をゼラチンのカプセルに入れたもの。カプセルの厚さなどにより、もっとも効果を上げる場所で溶けるように工夫されている。湿気や熱に弱いので保存に注意。
4. 貼付剤

貼付剤皮膚に貼って使うクスリ。効果が長く続き、使い方もカンタン。多くは打ち身や筋肉痛に使うパップ剤だが、皮膚から血管に吸収させて効果を出すものもある。
5. 液剤

液剤シロップ剤、ドリンク剤など。吸収がよく、乳幼児にも飲みやすいのが特徴。ただし変質しやすいので冷蔵庫などで保存し、有効期限によく注意すること。
5. 噴霧剤・エアゾル剤

噴霧剤吸入器や噴霧器を使って、のど・気管などの呼吸器や皮膚に吹き付け、消毒したり炎症をおさえたり、呼吸や咳を鎮めたりする。素早く確実な効果が得られる。

許可された主なスイッチOTC
成分名その成分が入った薬品例薬効
硝酸スルコナゾールエクシブクリーム水虫薬
ピロキシカムジャスコート外皮用消炎・鎮痛薬
ケトプロフェンエパテックA、ビンダス外皮用消炎・鎮痛薬
オキセサゼインサクロンQ胃腸薬
マレイン酸トリメプチンタナベ胃腸薬[調律]、パンシロントリム錠胃腸薬
フェルビナクアペイン、プロジェシック外皮用消炎・鎮痛薬
シメチジンザッツブロック、住友胃腸薬スコープ、
パンシロンH2ベスト、センロックエース、
フロンティア錠
胃腸薬
ファモチジンガスター10、エフィール胃腸薬
塩酸ラニチジン三共Z胃腸薬、大正エスブロックZ胃腸薬

 

みなさんの感想

Loading...

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。