healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

白身と赤身、どちらがお好き?

ダンベル筋肉の「お肉」の種類

人間には400種類以上もの筋肉がある。その筋肉は短いもので数ミリ、長いものでは10数センチにもなる「筋繊維」の束で出来ている。1本の筋繊維で1つの細胞なのだが、その色・質によって、大きく「白筋(速筋)」と「赤筋(遅筋)」とに分けられる。

走っている人
白筋
(速筋)
瞬発力に優れた筋肉。砂に潜み、目にもとまらぬ速さで獲物を捕えるヒラメやカレイは白筋が発達しているので白身。短距離走者やウエイトリフティングの選手はこの筋肉を鍛えている。
 
赤筋
(遅筋)
持久力に優れた筋肉。世界中の海を回遊するカツオやマグロは赤筋が発達しているので赤身。長距離走者はこの筋肉を鍛えている。
歩いている人

ダンベル 筋肉は減らない!
 
「運動をしないと、筋肉が脂肪に変わる」
とよく言うが、そんな事はない!
ヒトの筋細胞の数は一生変わらない。
細くなったり太くなったりするだけ。
つまり筋細胞が減る事はないので、鍛えれば、いつでも太くする事が出来るのだ!
筋繊維が太くなっていくメカニズムは右の通り。

筋肉を動かす
  ↓
微量だが筋繊維が切れる
  ↓
タンパク質とビタミンBにより筋繊維を修復・補強
  ↓
次に切れないようにより強い筋繊維の形成

しかも、最近の研究によると、筋細胞の周辺に存在するサテライト細胞(発生過程で筋芽細胞だったもの)が運動により増殖し、筋細胞と融合して、筋肥大を起こす事が明らかになってきている。

鍛えてある筋肉を保つには

すでに筋肉を鍛えている人の場合、ケガや病気などでトレーニングを中断しても、一ヵ月くらいなら筋肉はあまり落ちない。
また、忙しくて満足にトレーニング出来ない場合、時間・頻度を減らしてもかまわないが、強度は一定に維持すると良い。
しかし、寝だめ・食いだめ・鍛えだめは基本的に出来ないもの。

ダンベル鍛えたければ休め!

「鍛える」などというと、毎日休まず鍛練しなければならないイメージがあるが、時にそれは逆効果!鍛えるには休んだ方がいいのだ。

超回復グラフ トレーニングをすると疲労する。その後、休養をとる事で体力が次第に回復し、一時的にではあるがトレーニング前より体力がアップする時がある。その機を逃さず、アップしたその時点からまたトレーニングすれば、さらに上の水準からトレーニングを積み重ねられる。疲労回復の時間は、およそ48時間から72時間。週2、3回の運動というのには、こんな科学的な根拠もあったのだ!

ダンベルアナタの目標は白身?赤身?

ムキムキのカラダを作るには、筋肥大の主な原因となる白筋(速筋)をパワーアップさせる事。スリムに引き締まったカラダ作りには、長時間の脂肪燃焼が出来る赤筋(遅筋)を鍛える事。もちろん、健康でガッチリしたカラダ作りには両方が必要だし、運動そのものを単純に、この2つにきっぱり分ける事も出来ないが、より重点を置いたトレーニング方法はある。アナタが目指したいカラダはどちら?
 
ムキムキ・ボディを目指せ!   引き締まったボディがイイ!
ヒラメ ヒラメ様コース   カツオ カツオ様コース
 

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。