healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

漢方とは?

漢方とは、中国からきた薬のこと。それくらいの知識しかない人は、まずは基本的なことをおさえましょう。漢方の人気の秘密がわかるはずです。

民間薬とは、ここが違う!

漢方とは、もともとは中国の古代漢民族が病気の治療法として体系立てたものです。これが5世紀に日本に伝わり、その後日本的に改良を重ねられて、今日の漢方医学となっています。西洋医学に対して、東洋医学ともいいます。

漢方の治療法

湯液療法 漢方薬の煎剤などによる薬物療法。一般に漢方というと、これを指すことが多いです。
鍼灸療法ツボを鍼や灸で刺激して、内臓およびその他の器官を調和させる方法。
あん摩療法ツボや経絡を、手で揉んだり押したりすることで、体を調和させる方法。
気功療法呼吸法を中心に、ゆったりとした運動法を加え、体内の気を回らせるもの。
薬膳療法食事療法に漢方薬を加えたもの。

「漢方生薬」と「漢方製剤(方剤)」は、どう違う?

  • ●漢方生薬
    朝鮮人参や甘草などのような、植物の根・皮・種子や動物の骨などのことです。
  • ●漢方製剤
    患者の「証」に合わせて、生薬を2種類以上ブレンドしています(例外もあります)。これを煎じた液をさらに乾燥して顆粒状や錠剤にしたものを「漢方エキス製剤」といい、私たちが薬局で買うのは主にこれになります。インスタントコーヒーと同じで手軽に使えるかわりに、個々の病状によって構成成分(生薬)を加減できないという面もあります。
  • ※証とは…体の表面で観察できる様々な特徴や患者の訴えを総合したもので、漢方における投薬や治療の重要な指針となります。

「漢方薬」と「民間薬」は、どう違う?

  • ●漢方薬(製剤)
    漢方医学の診断のもとに処方を選び治療に用いられる薬のことです。
  • ●民間薬
    「ゲンノショウコがお腹にいい」「ドクダミが肌にいい」など、言い伝えや経験で身近な生薬を使うものです。理論体系がない、いわば生活の知恵。たいていは1種類の植物だけを使います。

西洋医学は「病名」ありき、漢方は「症状」ありき

漢方の特徴がわかりやすいように、西洋医学と比較してみましょう。

西洋医学 東洋医学
病名をつけることを重視し、同じ病名の人には同じ薬を使います。 病名よりも、どんな薬を与えるべき「証」かを判断します。そのため、同じ病名でも人によって薬が異なります
病気の原因である細菌を殺すことに主眼をおきます。 生体の免疫力を高めることに主眼をおきます。
有効成分が単一です。
切れ味が鋭く、即効性があります。熱や痛みをとる、菌を殺すといった、直接的な治療に向いています。
ただし、一つの薬でいろいろな症状をとるのには不向きです。
いくつもの生薬が組み合わさっています。
一つの薬でいろいろな症状をとることが可能です。
ただし、即効性という点では劣ります

漢方薬は、いわばオーダーメイドの服

このように、漢方の場合、たとえ同じ「胃潰瘍」という病名でも、その病名だけで薬を決めるわけではありません。患者ひとりひとりの体質や病気の状態などを見極めながら、最適な漢方薬を処方する、オーダーメイドの治療といえます。

漢方はとくにこんな人に向いている

漢方は、どんな病気にも使えないことはないが、人間と同じでやっぱり得意不得意があります。
たとえば、糖尿病や高血圧、あるいは肺炎のような重い細菌感染症などに対しては、西洋医学の薬に勝てるようなものが漢方にはないため、苦手分野といえます。
逆に、次のような場合は、まさに漢方の出番です。

  • ●西洋医学でまだ決め手になる治療法がない病気
    アトピー、ぜんそくなどのアレルギー疾患、リウマチなどの自己免疫性疾患
  • ●高齢や妊娠中などのために、強い薬が使いにくい場合
  • ●病院に行ってもどこも悪くないのに、自覚症状がなかなかとれない場合(漢方では自覚症状を重視します)