healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

入浴剤で温泉気分

温泉マーク

人工入浴剤あなどるなかれ!!
入浴中 2〜3週間、湯治出来れば、体調もすっかり良くなるかもしれないが、忙しい毎日そうもいかない。
長引く不況のため、家族と1泊の温泉すらままならない。そんな時には入浴剤で温泉気分。
明らかな効果が証明されている人工入浴剤については下の通り。
いやいや、こんな時こそドーンと景気づけで豪華に海外の温泉!!そんなアナタには海外温泉情報も!!
 

温泉マーク

主な2つの入浴剤とその効果
1. 芒哨重曹泉(ぼうそうじゅうそうせん)浴剤
食塩泉と同じような働きをし、溶かしたお湯に含まれる塩類が、皮膚の表面をくまなく覆い、汗の出口をふさぎ、体温の発散を防ぐため、いつまでもカラダが温かく保てる。繰り返し入浴する事で血液循環も盛んになる。血管が拡張し、末梢血管抵抗が下がり、血圧が下がる。また、心房から分泌される利尿ホルモンが増え、その結果として尿生成が促進されるので、降圧・利尿の目的で高血圧改善に役立てそう!!
2. 炭酸浴剤
炭酸泉と同じような働きをし、溶かしたお湯に含まれる炭酸ガスが直接、皮膚から侵入し皮下の血管を拡張させる。皮下血流量が増加し、組織への酸素供給の増加、組織からの代謝産物の除去が促進され、カラダがリフレッシュします。筋肉に蓄積した疲労物質・乳酸も排出され早く疲れがとれる。効果は、お風呂からあがってもしばらく続くので、いつまでもカラダが温かく保てる。また、炭酸ガスは赤血球が細い血管もスムーズに通れるよう、自由に変形する、その能力もアップさせます。動脈硬化や糖尿病による”血行障害の改善”に役立てそう!!

世界温泉map

日本では温泉は主に「入るもの」だが、ヨーロッパなどでは主に「飲むもの」。
専門の医師が常駐し、医療施設として確立しているところもある。温泉効果の活用方 法は、国によってさまざま。
世界の「オンセン」どこに行ってみたいですか?

温泉マーク 本格的保養地 バート・ナウハイム(ドイツ)

大きなスノコ状の食塩製造装置に重曹(じゅうそう)泉や食塩泉を上から流し、大気中に飛沫を浮遊させ、周囲の芝生には呼吸器疾患の患者が一日じゅう寝そべって温泉微粒子を含んだ空気を吸っている。
 

温泉マーク ローマ時代からの温泉地 パムッカレ(トルコ)

カルシウム・二酸化炭素が主成分の35度のお湯が湧き、段々畑のような石灰棚ができ上がっている。その石灰棚にたまった温泉に入浴する。ローマ時代の遺跡も残る観光地。
 

温泉マーク 空中都市の温泉 アガアス・カリエンテス(ペルー)

世界の7不思議・空中都市のマチュ・ピチュ遺跡から5km。
「熱い温泉」と呼ばれる。利用の半分が観光客だが、地元の腰痛、下肢痛の人も多く利用している。打たせ湯や露天風呂があり、まさに秘境!!
 

温泉マーク 美容と健康のSPA ラ・コスタ(アメリカ)

北海道カルルス温泉(単純泉)に似た温泉。しかし、どちらかというと保養というより、美容と健康づくりの施設である。美容マッサージやフィットネスプログラムが行われ、レストランではダイエット・メニューなども出される。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。