healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?
育毛剤、その正体を探る!

最後の砦としてどうしても無視できない育毛剤。
たたいたり、もんだり、かけたり、用法はいろいろだけど、各商品似たような成分が配合されている。
これらの成分、一体何によく効くのだろうか?
塩化カルプルニウム ヒノキチオール アロマターゼ
血流を促進させ、毛乳頭を活性化させ発毛を促進させる。 ヒノキから抽出。殺菌轄・pがあり、細胞の活性化を促す。アラトイン、サイカトンも同じような作用を持つ。 男性ホルモンが発毛を抑制してしまうために起きる男性型脱毛症(若ハゲ)。
このホルモンの働きを押さえ、脱毛を防ぐ。フィナステライド、シクロポスリンAなども、同じような働きをする。


ニンニクエキス メントール ペンタデリカン酸
グリセリド
ランブータンエキス
血行を促進させ、余分な皮脂の分泌を押さえる。 香りや爽快感を出し、炎症を押さえる。 細胞を活性化させ、毛根の増殖を補助しエネルギーを補給する。 毛乳頭に働きかけ、毛母細胞の再生をうながし毛を増殖させる。

育毛剤だけを頼ってはダメ!
育毛剤とのつきあい方
万人に効く育毛剤が開発されればノーベル賞ものと言われるくらい、育毛剤の世界はいまだ開発途上。
だから同じ育毛剤を使用しても効きめのある人とない人が出てきてしまうのだ。
しかし育毛剤の効く効かないは、その内容だけに原因があるとは言い切れない。
使用者の生活習慣にも大きく影響される。
例えば、喫煙、飲酒、極度のストレスなどがあれば、育毛剤の効果も半減。
いくら育毛剤を使用しても、抜け毛の原因がそれを上回っていては意味はない。
問題は抜け毛の原因を探りそれを改善していくこと。
そうすれば発毛剤の効果をもっと期待できるかもしれない。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。