healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

「暑さ」には「辛さ」で対抗!辛い食事の効用

「暑さ」には「辛さ」で対抗!

暑くなると何となく食べたくなるカレーなどのからい料理。
そういえば、インドやタイなどの暑い地方の料理は、どれも辛いモノばかりだ。
「暑さ」と「辛さ」というのは相性がいいのだろうか?

その秘密は辛い料理の発汗作用
辛いモノを食べると汗をかくが、コレは辛味成分が人間の味覚、嗅覚、痛覚などさまざまな感覚神経や内臓神経を刺激することによって起こる生理現象。
汗を出すことによって、体の表面温度は一時的に下がり、涼しく感じるのである。
暑い地方の料理が辛いのは、少しでも涼しくなろうとする人間の本能が生んだものなのかも知れない。

世界各地で利用されている香辛料はおよそ350種類。
その中で辛みのあるモノは約20種類で、唐辛子、コショウ、山椒、しょうがなど、日本でもお馴染みのモノも含まれている。
暑さをやわらげて涼しさを感じるためにも、夏の食卓にはスパイス料理が良いようだ。

ピリッとした刺激は、夏バテ撃退効果も抜群

辛味成分の効用のひとつには、胃液を分泌させて食欲を増進させるという効果がある。
辛いエスニック料理は「食欲がなくて」という夏バテ気味の人にはもってこい。
タイ、インド、パキスタン、中国(四川)など、エスニック料理にもさまざまなものがあり、その辛さの度合いもそれぞれ異なる。
カンボジアやインドネシア料理などはあまり辛くなく、スパイス初心者にはオススメだ。ただし、香辛料の成分は胃や小腸で吸収されやすいので、とり過ぎると胃腸を痛める原因になりかねない。
どんなに好きでも程々を守ることが大切だ。

エスニック料理は苦手と言う人は、料理にしょうが唐辛子を使ってみるのもいいかも。
しょうがと長ねぎをみじん切りにし、しょうゆ、酢、砂糖を合わせたものに加えればローカロリーの和風ドレッシングに。
味噌汁に唐辛子をかけたり、炒め物に加えてもおいしい。
パスタなら鷹の爪とオリーブオイルでペペロンチーノにしても食欲増進間違いなし。
もちろん辛いカレーも効果てきめん。
ピリッと刺激的な香辛料と上手につきあって、元気に涼しく夏を乗り切ろう。

PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。