healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

夏バテ防止の切り札は睡眠です

睡眠こそ夏バテ防止の切り札

食欲不振、気怠さ、ヤル気減少など、暑い夏の日差しは心身のリズムを乱す。
その暑さから逃れようとクーラーをガンガンに使えば、さらに夏バテの症状に拍車がかかり悪循環に。
夏バテ防止には、食事やクーラーの使い方に気をつけると共に、よく眠ることも大きなポイントだ。

「眠れば治る」「寝たらイヤなことを忘れる」の言葉の通り、睡眠は身体にも心にも活力を与えてくれるものだ。
しかし熱帯夜にぐっすり眠ることは、思った以上に困難なこともまた事実。
仕事に追われ1日中オフィスに缶詰。
運動といえるのは、行き帰りの駅の階段の上り下りがせいぜいという生活を送る現代人は、ただでさえすんなりと睡眠に入っていくことができにくくなっている。
まして、この季節はなおさら眠りのリズムを保つことは難しい。

寝室の環境を整えるだけでなく、心をリラックスさせる工夫を

真夏にぐっすり眠るためには、まず快適な室温が必要になる。

クーラーを使用する場合は28度ぐらいにすること。
睡眠中は体温が下がるので、寝始めにちょっと暑いと感じるくらいがちょうどいい。
扇風機を使うのもいい方法だ。
どちらの場合も冷風が身体に直接あたるのを避けること
一晩中、冷風にあたり続けると身体の表面の熱が奪われ続けることになり、身体は体温をキープするためにフル回転することになる。
これではかえって、身体を疲れさせることになってしまう。

クーラーはオフタイマーを使い、風向きを天井に向け、扇風機は首を振るように設定して使うようにしよう。
また、固めの布団やマットで背骨をのばして眠るようにした方が体が休まる。

寝室の環境を整えるだけでなく、体を眠りに入りやすいように調節することも必要だ。
夏の入浴はシャワーになりがちだが、暑さでほてった身体を冷まし、リラックスするためには、ぬるめのお風呂にゆったりと入る方がいい。
さらにリラックス効果のあるラベンダーの入浴剤を使えば効果的だ。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。