healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

顔が赤くなったりするフラッシングについて

日本人は約半数がフラッシング

少しのお酒ですぐ顔が赤くなったり、心臓がドキドキしたり、頭が痛くなったりすることをフラッシングといい、お酒の弱い人の特徴的な症状です。

これは、エタノールの中間代謝物質であるアセトアルデヒドを分解する2型のアセトアルデヒド脱水酵素(ALDH2)が、遺伝的な変異によってそのはたらきをしなくなっている(欠損型)ために起こることが分かっています。日本人にはこのフラッシング・タイプの人が約半数いると言われています。
ところが、白人や黒人ではフラッシングが起こる人はほとんどいません。ですから、フラッシングのことは一般的に欧米では知られていませんので、レストランやパーティーなど公の場所で、顔を赤くして飲んでいると、軽べつのまなざしで見られてしまうことがあります。

急性アルコール中毒になりやすい

ところで、フラッシングが起こるために、欠損型ALDH2を持っている人は、お酒を飲む機会や1回に飲む量が少なくなります。ですから、欠損型ALDH2は大量飲酒やアルコール依存症になることを抑制することになります。その反面、急性アルコール中毒にはなりやすくなります。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。