healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

ウォーキングの正しいフォーム

姿勢を正しく伸び伸びと

せっかくウォーキングに励んでも、正しい姿勢で行われていなくては効果も薄いのです。骨や筋肉に負担をかけるので疲れやすく、歩くのがいやになってしまいます。
どうせ歩くなら、格好よくスマートに歩きましょう。そのポイントをいくつかあげてみます。
立っている姿勢からまず直していきます。背筋をピンと伸ばし上体は真っすぐ、腹部を引き締めてあごを引き、目は前方を見つめます。腰の位置を高くして、地面を押し出す際はひざや足首を十分に伸ばすようにします。
このような高い姿勢で伸び伸びと歩けるようになると、歩幅も最高に伸びて快調な歩行スピードが得られます。
さあ、さっそうと歩いてください。

かかとからつま先へ

次に正しい足の運びを意識してみます。着地はかかとから柔らかく入り、足の裏全体に体重を乗せてつま先をけり出すように地面から離すのです。この地面から足を離す時に、足の指で地面をつかむような感じを意識しましょう。親指と親指のつけ根部分で地面をキックし、足首全体で支え、かかとで着地するということです。
かかとからつま先まで足部全体を十分に使えるように歩くことは、足を鍛えるだけでなく、全身の健康・体力づくりにも大いに役立ちます。

効果的な腕振りをする

ふだんの歩行では、荷物やバッグを持って歩くので腕振りが十分できませんが、トレーニングの歩きではできるだけ両手をフリーにして効果的な腕振りを心掛けましょう。
あまり大きく振る必要はありません。腕は自然に伸ばして前後にテンポよく振ってください。腕を振ることによって歩幅も大きくなり、足の踏み出しのリズムもつかみやすくなります。

バランスよくリズミカルに

ウォーキングを気持ちよく続けるには、リズムに乗ることが大切です。
部分的な動作は少々悪くても、全体的にバランスが取れて、リズムを感じさせるフォームを目指しましょう。
だんだん腕の振りと足の運びがスムーズになってきたらしめたもの、速度をアップし、歩幅も広げ、一定のペースでウォーキング!

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。