healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

脂肪の取り過ぎはなぜいけないか?

動脈硬化の予防は…

脂肪を摂取し過ぎると、第一にエネルギー過剰のために肥満となり、生活習慣病を誘発しやすくなります。また血液中の脂肪が増えて最終的にコレステロール、中性脂肪が高くなり動脈硬化の発生を促進します。動脈硬化は、

  1. 高血圧、高脂血、過酸化物質などによる血管壁の内皮の障害
  2. 体の隅々にコレステロールを運ぶ低比重リポタンパク(LDL)が白血球の一種のマクロファージに食べられ内皮へ侵入
  3. 血管壁内に大量にコレステロールが取り込まれる
  4. コレステロールの沈着・蓄積による血管内腔の狭まりや硬化

という順番で起こります。動脈硬化の予防には、コレステロールを下げてLDLを増やさないようにすることが大切です。

さまざまな病気を誘発する動脈硬化

動脈硬化を原因とする生活習慣病には狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患、脳こうそくなどの脳血管障害、大動脈りゅうや末しょう動脈硬化症があります。
糖尿病では、高脂血症を合併すると心筋梗塞や脳梗塞を起こしやすくします

コレステロールを下げるはたらきがあるといわれる不飽和脂肪酸の多い植物油、魚油の取り過ぎでも、過酸化脂質の過剰な生成を招き、かえって動脈硬化の誘因になる可能性もあります。

みなさんの感想

Loading...
PR

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。