healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

健康相談答えてドクター

繰り返す足首の痒み、どうすればいいの(Perry、30代女性)

もう6〜7年前からなのですが、突然左のくるぶし辺りが痒くなりはじめ、それが今では左右の足首全体に広がっています。症状は2ヵ月痒くて1ヵ月何もないというような繰り返しで、不定期に起こります。
痒くなり始める時は発疹も何もなく、ただただ痒いのです。ずっと掻き続けてしまうせいか、最後には黒っぽくなって皮膚が固く乾燥し、皮膚がぽろぽろ剥がれ落ちた後にもとの皮膚の状態に戻ります。黒っぽくなってきた時点で痒みはほとんどありません。だいたい痒みのピークは2〜3週間くらいです。
皮膚科を5件ほど受診したところ、「何かのアレルギー、乾燥、靴下や靴があたるから」などいろいろ言われましたが、全く思い当たりません。何かの菌なのでは?とドクターに聞いても、菌ならばずっとその症状が出ているはずだから、痒かったり痒くなかったりすることはないと言われました。いつもステロイド軟膏と保湿軟膏を出してくれるだけで、何の解決にも治療にもなりませんでした。
先日友達から私と同じ症状(部位は違います)の人がいると聞き、それは皮膚の表面ではなく、皮膚の層の中に菌がいて、本人の体調によって痒みが出たり出なかったりすると聞きました。そのような事があるのでしょうか?私のこの痒みはいったい何なんでしょうか?どうしたら治す事ができますか?よろしくお願いします。

原因不明なら、まずは痒みを止めて

皮膚の中に菌がいて痒くなるという考えは間違っていると思います。なぜなら菌がすんでいれば必ず皮膚の炎症が起きますので、赤くなり、腫れ上り、時には皮膚は潰瘍を起こします。そのような症状はないようですね。
足首の皮膚を刺激するものが思い当たらないとすれば、痒みの原因を見つけるのは難しいです。時には、温度や圧迫でも痒くなり皮膚が赤くなりますが、そのような症状はありませんか?皮膚科で皮膚の乾燥を防止する保湿剤を処方されても、痒みはよくならないとのことですが、他の病気で薬を飲んだり、頭痛のために時々自分で薬を飲むことはないですか?そのような薬が関連していることも考えられます。
ところで治療の目的で痒み止めの薬は飲まれましたか?最近は眠くならない痒み止めが多種類ありますから、Perryさんの場合には内服薬を試して見られては如何でしょうか。一度皮膚科で処方してもらってください。

ご回答いただいた医師

市橋正光 先生

市橋正光 先生

ご活躍の場: 再生未来クリニック・神戸 院長
ご専門: 皮膚科、美容皮膚科、紫外線の健康影響、皮膚のアンチエイジング
ご経歴: 神戸医科大学 卒業
神戸大学大学院博士課程修了
ロンドン大学皮膚科学研究所留学
神戸大学医学部皮膚科教授
サンクリニック院長
森之宮医療大学抗加齢センター「アムリクリニック」所長を経て、現職
所属学会・
団体:
日本皮膚科学会、日本研究皮膚科学会、日本色素細胞学会、日本光医学・光生物学会、日本抗加齢医学会、日本皮膚悪性腫瘍学会、日本レーザー治療学会、癌学会、光老化研究会、太陽紫外線防御研究委員会
先生から一言: 人生を心身ともに健康に生きるには顔の肌のシミやシワなど、見た目の若さが大切です。そのためには太陽紫外線の有害性を知り、皮膚細胞のはたらきを高めることです。アンチエイジングであなたも若返りましょう。

最新の健康相談new!

PR

カテゴリー別 健康相談

病気
症状・悩み
生活・暮らし
部位
病院・薬・検査
食品と栄養
年代・性別
healthクリックのサービス一覧
[調べる]
[みる・みつける]
[知る・学ぶ]
[相談する]
[参加する]