healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

健康相談答えてドクター

板倉先生

板倉先生への質問

[専門:動脈硬化、栄養関係、高脂血症、糖尿病、高血圧など]

頬がこけやつれた夫へのアドバイス(ZOE、30代 女性)

夫の健康相談です。
仕事のシフトが変わり、頬がこけ、やつれてしまい心配しております。
本人は体調上は問題ないと言っています。
健康診断の結果も問題なく、体重は減っておりませんが、LDLコレステロールが132、中性脂肪が106と上がりました。
仕事は肉体労働でストレスは多めです。
このような状態が2年ほど続いています。

仕事が2部制のため、睡眠は夜9時〜1時の4時間と、朝11時〜2時の3時間です。
食事は朝10時、夜7時、間食2時か4時に1回、食事と共にアルコール摂取します。
朝缶ビール350ml、夜缶ビール700ml、またはウイスキーのダブルかワイングラス2杯ほど。
お菓子類も毎日食べます。

料理が得意ではないので、食事バランスが取れていないのかもしれません。
食事管理、必要栄養素、その他どんなことに気をつけたら良いかアドバイスお願いします。

睡眠と安らぎ、たんぱく質の摂取と休酒日を

頬がこけ、やつれたように見えても、体重が変化なく、体調も良く、健康診断の結果も問題なけれは、現在のところは健康上の異常はないと思われます。LDLコレステロールが132、中性脂肪が106と上がっても問題ありません。
これから健康を維持して元気であるためには、栄養と休養が大切です。休養は睡眠が充分にとれることと、気分的に安らぎが得られることで、家庭内の雰囲気が楽しくあることです。
栄養では肉体労働とストレスが多いので、たんぱく質を充分摂るようにします。肉、魚、豆腐、納豆などの大豆食品、ヨーグルト、チーズなどの乳製品があります。このほか、ビタミン、ミネラルが大切で、緑黄色野菜を摂るようにします。アルコール依存症にならないように、休酒日を作るなどの自制ができると良いと考えます。

関連リンク

板倉弘重 先生

板倉弘重 先生

ご活躍の場: 医療法人社団 エミリオ森口クリニック 理事長
日本動脈硬化学会 名誉会員
日本ポリフェノール学会 理事長
日本栄養・食糧学会 名誉会員
日本臨床栄養学会 理事長
国立健康・栄養研究所臨床栄養部長
ブラジル リオグランデヂス-ルカソリック大学客員教授
ご専門: 動脈硬化、栄養関係、高脂血症、糖尿病、高血圧など 認定臨床栄養指導医
ご経歴: 東京大学大学院医学研究科博士課程修了後、同大学第三内科入局
カリフォルニア大学サンフランシスコ心臓血管研究所留学
2000年から2010年まで茨城キリスト教大学生活科学部食物健康科学科教授
2006年「瑞宝双光章」受賞
2009年度国際栄養学連合(IUNS)のFellowに認定(栄養学研究分野で顕著な貢献をした世界の研究者10名の1人)
2010年「動脈硬化疾患の予防と治療に関する栄養学的研究」により日本栄養・食糧学会功労賞を受賞
先生から一言: 楽しく健康になりましょう。

最新の健康相談new!

PR

カテゴリー別 健康相談

病気
症状・悩み
生活・暮らし
部位
病院・薬・検査
食品と栄養
年代・性別


healthクリックのサービス一覧

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。