healthクリックは、病院検索、サプリメント、健康相談など役立つ情報満載の健康ポータルサイトです。

healthクリック サイトマップ healthクリックとは?

他人の“うんち”がアナタを変えるかも?(1)

大人の健康情報

望月吉彦先生

更新日:2016/06/20

梅雨時になり、寒暖の差が、結構あります。こういう時期は、血圧が乱高下するので、お気を付けください。また、食中毒が発症しやい時期でもあります。こちらもお気を付けください。最近の話題を幾つかご紹介しましょう。皆さんは「便移植」と言う治療方法が広まっているのをご存じでしょうか?

健康な人の便を患者さんの肛門から大腸に流し込む

色々な病気で抗生剤の投与を受けていると本来持っている腸内細菌叢が変化して、「クロストリジウム・ディフィシル(Clostridium difficile:CDと略)」という困った細菌が腸内に住み着くようになります。そして感染症状を生じます。それをCDIと略します。IはinfectionのIです。
この菌は、偽膜性腸炎や下痢を生じます。治療が非常に厄介な細菌で抗生物質もなかなか効きませんし、感染力が強いので、感染者は個室隔離が必要になることもあります。命取りなることもあります。

こういう時、「健康な人の便を移植する」という治療法を1958年、Dr.Ben EisemanがJournal of Clinical Gastroenterologyに発表しています。Ben(べん)医師が「便」治療の創始者です。(日本人にしか笑えませんね、、、)。

当時は肝炎の検査法が確立していませんから、この便治療はあまり広まりませんでした。健康な人の便を患者さんの肛門から大腸に流し込むという、ちょっとびっくりするような方法ですから、なかなか世間では理解を得られなかったこともあるでしょう。どうしてこういう方法を思いついたのか、私には理解不能です。

偽膜性腸炎が、90%も治った

エイズ、肝炎などの感染症のチェックが簡易にできるようになり、この「便移植」は安全に行えるようになり、最近、この治療法が脚光を浴びているのです。
一番大きな影響を与えたのは、N Engl J Med. 2013 Jan 31;368 (5):407-15.に載った: 「Duodenal infusion of donor feces for recurrent Clostridium difficile.」という論文です。
抗生剤では20-30%しか治癒しなかったCD菌による偽膜性腸炎が、90%も治ったという報告です。これを受けて、日本でもCD菌による偽膜性腸炎はもとより、潰瘍性大腸炎やクローン病など様々な腸疾患に対して治験が行われています。

腸内細菌叢が変わることで体質が変わる?

そして次の論文が注目を集めました。「Weight Gain After Fecal Microbiota Transplantation」:Open Forum Infect Dis(Winter 2015) 2 (1)。「便移植」のドナーになった方(この報告では若い娘さんです)は顕著な肥満者でした。その便を移植された患者さんは、目的通り偽膜性腸炎は治りました。しかし、元は何を食べても太らなかったのに、肥満者だったドナーと同じようにドンドン太ってしまったのです。

体質が変わる?

類似した報告がいくつかなされ、現在、便のドナーになるにはあまり肥満でない方にしましょうという流れになっているようです。要するに、腸内細菌叢が変わることで体質が変わるということが明らかになりつつある、そういう情勢です。ここ数年で、もっと色々なことがわかると思います。言葉は悪いかもしれませんが、「デブ菌」「ヤセ菌」といった腸内細菌叢が明らかになるかもしれません。食糧難で苦しんでいる地域があれば、そこの人々には「デブ菌」を移植すれば良いのです。「ヤセ菌」は、手軽な「便移植ダイエット」を流行らせるかもしれません。

もし、そういう「デブ菌」「ヤセ菌」が見つかれば実に面白いとは思いますが、残念ながら、単独でそういう機能を持った菌は見つからないと思います。腸内細菌叢という「腸内に存在する菌の総和」がそういう機能を持たせるのだと思います。

次回に続きます。

【参考文献】

  1. 99・9%が誤用の抗生物質 医者も知らないホントの話(光文社新書) 岩田 健太郎著
  2. 感染症 中公新書 井上栄著
  3. 絵でわかる感染症 with もやしもん(KS絵でわかるシリーズ) -岩田 健太郎(著), 石川 雅之(著)
  4. 感染症の世界史 洋泉社 石弘之著
  5. 「腸内細菌の話」(岩波新書)光岡知足(著)

望月吉彦先生

望月吉彦先生

所属学会
日本胸部外科学会
日本外科学会
日本循環器学会
日本心臓血管外科学会
出身大学
鳥取大学医学部
経歴
東京慈恵会医科大学・助手(心臓外科学)
獨協医科大学教授(外科学・胸部)
足利赤十字病院 心臓血管外科部長
エミリオ森口クリニック 診療部長
医療法人社団エミリオ森口 理事長
芝浦スリーワンクリニック 院長

医療法人社団エミリオ森口 芝浦スリーワンクリニック
東京都港区芝浦1-1-1 浜松町ビルディング1階 プラザ 111 内
TEL:03-6779-8181
URL:http://www.emilio-moriguchi.or.jp/

PR


healthクリックのサービス一覧

※掲載情報につきまして万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
また、記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。何卒ご了承ください。
※このページの著作権は当社に帰属するものとします。許可なく転載することを禁じます。